慢性前立腺炎の腰痛の特徴

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

腰痛は慢性前立腺炎の症状の一つ

突然の腰痛

 

腰痛の原因というと、重たいものを持ったりして負荷をかけたり、無理な体勢や動きで筋肉を傷めたり、長時間同じ姿勢で動かさないなどが挙げられます。

 

ですが、腰痛は体内の疾患でも引き起こされることがあります。

 

その中でも腰の痛み方に特徴があるのが、慢性前立腺炎という病気です。

 

一般的な腰痛との違い

一般的な腰の痛みは、尾てい骨の少し上、ウエストラインの背骨のあたりに起こります。

 

立ったり座ったりする時に中腰になったり、長時間座ったりしていると痛みが起こったり、上半身を支えるような体勢をするだけでも痛みが起こることがあるでしょう。

 

ただ、いずれにしても、普通の腰痛であればほとんどの場合、横になれば痛みが治まります。

 

しかし慢性前立腺炎の腰痛というのは、こういった腰痛の症状とは若干異なる部分があります。

 

慢性前立腺炎は肛門に近い部分にある前立腺に炎症が起こっているため、腰の筋肉や組織に直接炎症が起こる腰痛とは少々痛みが違うことがあるのです。

 

痛みの特徴は肛門からするどい痛みが腰に突き抜けるような感じだったり、どんな姿勢であっても慢性的に鈍痛が起こったりします。

 

また、普通の腰痛は特定の姿勢をすると痛みが発症することが多いのですが、慢性前立腺炎の場合は姿勢はあまり関係ありません。

 

というのも、痛みの原因は前立腺の炎症であり、腰自体には原因がないからです。

 

マッサージでは解消できない腰痛

腰痛の症状が慢性前立腺炎によるものかどうかは自分で判断するのは難しいですが、腰に負担がかかる原因がなく、常に腰に痛みがあるという場合は前立腺の異常が考えられます。

 

ただし、慢性前立腺炎を放置しておくと、炎症が腰にまで広がっていくことがあります。

 

この場合は前立腺の炎症だけではなく、腰の炎症も重なりますから痛みの度合いも強くなります。

 

また、人によっては背中の方まで痛みが広がることもあり、これが慢性前立腺炎の腰痛の特徴と言えるでしょう。

 

腰痛が起こっている場合は、とにかく炎症を抑えることが第一ですから、まずは医療機関を受診して抗炎症作用がある薬を処方してもらうのがおすすめです。

 

慢性前立腺炎による腰痛は、マッサージなどでは改善できません。

 

マッサージをすると、かえって炎症がひどくなってしまうこともあるので気をつけてください。

 

ほとんどの場合、最初は軽度の腰痛ですし、発症したりしなかったりすることもあるでしょう。

 

そのためつい放置してしまいがちですが、慢性前立腺炎は名前の通り慢性的に症状が発症するため、放っておくと症状が悪化するかもしれません。

 

慢性前立腺炎は排尿障害など他の症状も併発するので、腰痛が出たら早めに対策を行いましょう。

 

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ