慢性前立腺炎と運動

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

運動不足が慢性前立腺炎につながる

運動というのは人間の体を健康に保つためには欠かせませんが、前立腺炎の改善のためにもとても大切になってきます。

 

運動をしないと、筋肉が衰えてしまいますし、血液やリンパの流れも悪くなります。血液は内臓器官の働きや細胞の再生に必要な栄養や酸素を届ける役割があり、リンパは老廃物や不要物を回収して排出する役割を持っています。

 

栄養や酸素がきちんと運ばれなければ体内機能が正常に働きませんし、老廃物などが残っていたらむくみや血行不良が起こります。そのせいで起こる不調というのは少なくありませんし、慢性前立腺炎にも関わってくるのです。

 

慢性前立腺炎の原因の一つに、骨盤周りの筋肉の硬化や血行不良が挙げられます。

 

前立腺と体のめぐりは関連性がないように思えるかもしれませんが、下半身のめぐりが低下すると前立腺自体の機能が低下してしまいます。すると、細菌が侵入して、侵入した細菌を取り除くことができずに炎症が引き起こされて慢性前立腺炎になることがあります。

 

骨盤は上半身と下半身をつなぐ重要な部位ですが、骨盤周りは姿勢や歪みなどで血行が滞りやすく、そのため全身のめぐりが悪くなり前立腺がその影響を受けやすいのです。ですので、慢性前立腺炎の改善のためには運動をするのも効果的なのです。

 

慢性前立腺炎には、骨盤周りを動かしたり下半身を鍛える運動がおすすめです。

 

ウォーキングが効果的な理由

二人でウォーキング

 

もっとも効果的かつ手軽に始められるのがウォーキングです。ウォーキングは腰を軸にして下半身をリズムよく動かして行うので、骨盤周りやそけい部などうっ血しやすい部分のめぐりを促す効果があります。

 

ただし、ウォーキングは正しい姿勢と歩き方でなくては効果は得られないです。男性はガニ股で姿勢も悪いまま歩く方が多いですが、これは慢性前立腺炎の改善ができる歩き方ではありません。

 

ウォーキングをする時は、背筋から頭のてっぺんまでは一直線になるように、正しい姿勢を保ちましょう。足を出すときは膝や足先からではなく、太ももの付け根から動かすことを意識して、できるだけ大股で歩くようにしてください。

 

正しい歩き方であれば、特別ウォーキングの時間を取らなくても、通勤時や仕事の合間に歩くことを意識するだけでも十分です。エレベーターなどは使わないようにする、少しの距離なら歩くなど、運動を意識して体を動かせば下半身のめぐりの促進につながります。

 

ただ、運動を心がけてもすぐに効果は出ません。ですが運動を生活に取り入れて習慣にすることは、慢性前立腺炎の根本的な改善効果が期待できます。

 

さらに前立腺炎に効果があるサプリメントを併用すれば、長期の薬物治療よりも安全かつ健康的に改善していけるので、まずは今日から運動を始めてみましょう。

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ