慢性前立腺炎と腸内環境

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

薬だけでなく腸内環境も大事

腸内フローラのイメージ

 

薬だけでは一向に症状が改善しない場合、腸内環境の面からアプローチすると良いかもしれません。

 

医師から処方された薬をきちんと飲んでいるのに、慢性前立腺炎の症状がまったく改善されないという方も多いでしょう。また、一時的に症状が軽くなったとしても、またすぐに重い症状が出るという方も少なくありません。

 

残念ながら、慢性前立腺炎は原因が不確定なので、薬でどうにかなる病気ではないため、根本的に改善するには体の中の状態を変えていく必要があるのです。

 

免疫力のカギを握る腸内環境

体内の中でも、健康に一番影響を与えると考えられているのが腸内環境です。腸内環境と前立腺、一見何の関係もないように思えますが、実は免疫力という点でつながっているのです。

 

腸内環境が悪化しているというのは、善玉菌よりも悪玉菌の割合が増えている状態で、悪玉菌が増えると有毒物質が生成されてしまいます。そして腸内で発生した有毒物質は、腸に存在している免疫細胞の働きを阻害したり、機能性を低下させます。

 

慢性前立腺炎は細菌が前立腺に入り込んでしまったり、前立腺内で繁殖したりすることで発症しますが、免疫細胞の働きが弱まってしまうと、当然ですが免疫力が低下するため、細菌やウイルスが侵入しやすくなったり繁殖しやすい環境になります。

 

腸には体内に存在する免疫細胞の約6割が存在しているので、体の中で一番大きい免疫器官でもあるのです。

 

免疫力は健康な体を保つために必要不可欠な機能ですから、この機能が低下してしまったら、慢性前立腺炎が改善できないのは当たり前とも言えます。

 

腸内環境を整える方法

腸内環境は目に見えるものではないので、どのような状態か分からないという方もいるかもしれません。ですが、腸内の状態は便で確認することができます。

 

腸内環境が悪化している代表的な症状と言えば、便秘や下痢が挙げられます。また、こういった症状がなくても、固くてコロコロした便が出たり、軟便だったり、便をしてもすっきりしないという状態も腸内の環境は良好ではありません。

 

腸内環境を改善するには、善玉菌の餌になったり働きを活性化させる乳酸菌を摂取するのが一番手軽です。乳酸菌はヨーグルトやチーズ、納豆やぬか漬けなど発酵食品に多く含まれていますから、積極的に食べましょう。

 

サプリメントでも善玉菌の働きをサポートするものが発売されているので、こういったアイテムを利用して腸内環境を整えるのも効果的です。

 

いずれにしても、腸内環境が整っていない限りは免疫力も高まりませんし、細菌による影響を受けやすくなるため慢性前立腺炎の改善は難しいです。腸内環境が良くなれば血行や代謝もよくなりますから、違う側面からも慢性前立腺炎の改善にアプローチできるので、腸内環境にも気を配りましょう。

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ