慢性前立腺炎に効くツボは?

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

ツボ押しが治癒力を高める

足のツボを刺激する

 

ツボ押しは東洋医学における治療法の一つです。

 

東洋医学では、体の不調はあらゆる原因が絡み合って起こると考えられているため、病気やその原因に対して治療を行う西洋医学とは異なり、人間が持つ身体能力を高めるための治療を行います。

 

慢性前立腺炎は細菌性のものであれば細菌を死滅させることで症状が改善されることがあるものの、基本的には一度発症すると治りにくく、西洋医学では治療法が確立されていません。

 

そもそも、慢性前立腺炎は細菌性以外のタイプだと原因を特定することが難しく、治療が長期にわたることも多いです。

 

そのため発症している方はずっと辛い症状に悩まされるのですが、ツボ押しはその症状を緩和すると同時に、めぐりを改善して治癒力を底上げする効果が期待できます。

 

また痛みに対しての即効性もありますから、自分の症状に合ったツボを覚えておくといいでしょう。

 

慢性前立腺炎におすすめのツボ

炎症がひどく痛みが広範囲に渡っている場合は、委陽(いよう)や陰谷(いんこく)と言うツボがおすすめです。

 

委陽と陰谷

 

委陽は膝裏の外側にあるツボで、膝裏の横シワの線を外側になぞっていくとくぼみがあるので分かりやすいです。

 

陰谷は、膝裏の内側にあるツボで、ふくらはぎから太ももにかけて伸びている2本の筋肉の間にあります。

 

どちらのツボも筋肉の筋のそばにあるので、強く刺激しすぎないようにしましょう。

 

軽く押してみて、少し痛みがあるピンポイントがツボですから、この部分を揉みほぐしたり指圧してください。

 

普段からストレスを感じている方、慢性前立腺炎で排尿障害の症状が出ている方は、太衝(たいしょう)というツボを押してみましょう。

 

足の親指と人差し指の間にあるくぼみに指を置いたら、足首の方にむかってなぞっていきます。ちょうど指が止まった部分に、親指と人差し指の骨が交差していますが、このくぼみが太衝です。

 

このツボは、特にストレスが溜まっていると軽く押すだけでも強い痛みを感じるので分かりやすいでしょう。5秒かけて指圧するのを5回から10回ほど行えば、ストレスを緩和しながら排尿障害の改善効果も期待できます。

 

また、足の親指や小指には慢性前立腺炎全般に効くツボがあります。

 

親指の爪の付け根の人差し指側にある大敦(だいとん)、小指の爪の付け根にある至陰(しいん)は、こまめにツボ押しをすることで、慢性前立腺炎の症状に効果を発揮します。

 

太衡のツボ

 

ツボは他にもいろいろな部分にありますが、足ならちょっと手が空いた時に指圧ができますから、症状の有無に関わらず、予防や改善のためにこまめにツボ押しを実践しておきましょう。

 

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ