慢性前立腺炎の症状

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

急性前立腺炎との症状の違い

トイレに悩む中高年男性

 

前立腺炎には急性と慢性があり、どちらも会陰部の前立腺に炎症が起こることで発症しますが、それぞれに症状が異なります。

 

急性前立腺炎の場合だと、排尿時に強い痛みが起こったり、排尿困難や頻尿など尿関係の症状が出ます。

 

こういった症状は慢性前立腺炎にも出るのですが、急性前立腺炎で起こった場合は症状が続くので気がつきやすいのが特徴です。

 

また、同時に高熱も発症することが多いため、熱と排尿障害の症状が見られるのであれば急性前立腺炎というのが一般的です。

 

慢性前立腺炎の症状は勘違いしやすい

 

慢性前立腺炎の代表的な症状は、排尿しても尿が残っているように感じる残尿感や排尿してもすっきりしない排尿時不快感、急性前立腺炎と同じく排尿時に痛みを感じる排尿痛です。

 

他にも、排尿がしたいのにすぐに出なかったり、尿に勢いがなかったりする排尿困難、しょっちゅうトイレに行きたくなったり、排尿回数が増える頻尿などもあります。

 

このような排尿障害が代表的なのですが、これだけではなく射精時に痛みが起こる射精痛、前立腺がある会陰やその周りの不快感や会陰部痛、陰嚢部の痛みもよくある症状です。

 

ただし、慢性前立腺炎の場合はこういった症状がずっと続くということは少ないと言われています。

 

もちろん人によっては症状が続くこともありますが、多くの場合症状が不定期だったり、症状の度合いが穏やかだったりします。

 

そのため調子が悪いのかな、ちょっとおかしいなという程度にしか感じないことも多く、慢性前立腺炎に気がつかないまま放置することが多いようです。

 

また、たまにしか症状が出ないため、多少痛みが強くても我慢したり、治ったと勘違いして悪化することも少なくありません。

 

いずれにしても、慢性前立腺炎は「こういった症状が必ず出る」ということがないので、自分で症状の頻度や度合いをしっかり把握しておく必要があるのです。

 

その他の症状も要注意

症状のチェックポイント

 

もう一つ気をつけたいのが、慢性前立腺炎の症状は排尿障害や会陰部周辺だけに起こるものではないということです。

 

前立腺の疾患特有の排尿障害や会陰部の痛みは分かりやすいですが、例えば排尿時に膿が出ることもありますし、一見何の関係もない下肢にも症状が出たりします。

 

下肢に出る症状は、太ももや太ももの付け根のそけい部の痛み、足のしびれなどが挙げられます。

 

他にも、下腹部に痛みが起こったり違和感を覚えたり、睾丸が痛むこともあります。

 

慢性前立腺炎の症状というのは、落ち着いたり悪化したりを繰り返すのが最大の特徴とも言えます。

 

さらに症状はいろいろありますし、複数の症状が同時に出たりすることもあるので、少しでも疑わしい症状があったら泌尿器科など医療機関を受診しましょう。

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ