慢性前立腺炎とストレスの関係

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

見逃せないストレスの影響

慢性前立腺炎は前立腺痛や慢性非細菌性前立腺炎、慢性細菌性前立腺炎などいろいろな種類がありますが、特定の細菌性の前立腺炎以外のほとんどは原因不明です。

 

そのため、症状も排尿障害や前立腺付近の痛みだけではなく、太ももやそけい部のしびれや痛み、ED(勃起不全)など多岐に渡ります。

 

また原因が不確定なため治療法も確立されていないのが現状ですが、完治させる治療法が見つかっていないのは、発病に関してストレスも影響していることが挙げられます。

 

ストレスが血行不良を引き起こす

ストレスというのは高血圧や動脈硬化のリスクファクターとも言われ、あらゆる病気の要因とされています。

 

慢性前立腺炎も例外ではなく、動物実験でもストレスを与え続けた結果、慢性前立腺炎が引き起こされたという研究発表もあります。

 

この病気は30代以降の男性であれば誰でも発症する可能性があると言われていますが、この年代の男性というのは社会人経験も長く、そのためストレスがかなり蓄積しています。

 

人間は、ストレスを受けるとその状態に対抗するために、血液の流れを早くしようとして血管の収縮が激しくなります。

 

血管が収縮すると血液がどんどん流されていきますが、長時間収縮が続くと血液の流れのリズムが乱れてしまい、逆に血行不良などがひきこされます。

 

それでも収縮が続いた場合、血圧が高まることで血管内に傷が付いて血栓ができることもあります。

 

血行不良や血栓などのせいでめぐりが低下すると、代謝が悪くなって細胞が受けたダメージの修復や再生が滞り、あらゆる部位の機能の低下や異常が引き起こされるのです。

 

人間の体は細胞で出来ていて、前立腺も当然細胞から成り立っていますから、細胞の再生が滞れば病気が発症することがあります。

 

また、前立腺の機能が正常に働くには栄養も必要なので、血流が悪くなると機能が低下します。

 

ストレスはこのように、前立腺に対してあらゆる影響を与えるため、ストレスが慢性前立腺炎の原因として考えられているのです。

 

前立腺炎の改善に不可欠なストレス対策

 

ストレスが原因になっている場合は、薬物治療を行っても思うような効果は得られません。

 

いくら薬で症状を改善しようとしても、ストレスによってその効果が打ち消されてしまうこともあります。単純に言えば、ストレスが引き起こすのは血行不良だけなので、慢性前立腺炎の直接の原因ではありません。

 

しかし、血行不良になることで栄養補給や細胞の修復が滞るということは、間接的に慢性前立腺炎を引き起こすきっかけになることは間違いありません。

 

したがって薬物治療を行っても効果が感じられない方は、まずはストレスを緩和させることを優先させてみましょう。

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ