慢性前立腺炎をマッサージで改善する

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

前立腺マッサージで膿を排出する

マッサージというのは、本来であれば硬化した筋肉をほぐし、血液やリンパの流れを促して、患部の不調を改善するために行います。

 

一般的にマッサージをする部位は肩や腰、顔、頭皮などですが、慢性前立腺炎の場合は前立腺をマッサージするという治療法があります。

 

慢性前立腺炎は、前立腺がうっ血したり腫れたりするなど炎症症状が起こります。そのため下腹部が強く痛んだり、前立腺の周辺にも不快感や痛みが起こったりします。

 

こういった炎症が起こる原因の一つには、膿性分泌物が前立腺に溜まってしまっていることが考えられます。つまり膿性分泌物が溜まったままだと、いくら抗炎症作用のある薬剤を服用したとしても、一時的にしか症状が治まらずすぐに再発してしまいます。

 

前立腺から膿性分泌物を排出されるには、前立腺に直接刺激を与えるマッサージが一番効果的なので、薬で症状が治まらない場合は前立腺マッサージを行うのです。

 

前立腺マッサージの方法

医療用の手袋をはめた医師

 

前立腺マッサージの方法は、医療用などの薄いゴム手袋を利き手にはめます。そして、スベリを良くするためにオリーブオイルなどのオイルを中指につけて、肛門から指を挿入します。

 

指の第二関節部分、肛門から5cmほど挿入した時点で指先に触れるのが前立腺になるので、中指でなぞるようにマッサージしましょう。

 

前立腺の硬さは人によって違うため、触り心地はぷにゅぷにゅしていることもありますし、コリコリと硬い感触がすることもあります。自分では判断しづらいので、まずは医師に触診をしてもらって、前立腺の場所を出来るだけ正確に把握することがマッサージの効果を得るポイントです。

 

マッサージをすると、刺激によって膿性分泌物の排出が促進されるので、症状の緩和効果が期待できます。

 

回数に決まりはありませんが、最低でも50回、症状として違和感や痛みがある強い場合、100回ぐらいはマッサージするといいでしょう。

 

医師への相談と指導が不可欠

本来なら通院して医師にマッサージをしてもらうのが理想ですが、残念ながら前立腺マッサージは自分で行うように指導されます。

 

前立腺の状態を確認するために、触診は定期的に行いますが、基本的にマッサージをしてくれる医療機関は少ないため、自分でしっかり場所を覚えましょう。

 

ただし、慢性前立腺炎というだけでマッサージをするのは危険です。慢性細菌性前立腺炎だった場合、マッサージをすることによって細菌が血中に取り込まれてしまい、それが全身を巡ってしまう可能性があります。

 

マッサージをする際には、まずは医師に相談をしてみて、自分に適したものなのか不要なのかを必ず確認してください。

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ