急性細菌性前立腺炎とは?

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

急性細菌性前立腺炎は原因が明確

痛みのイメージ

 

急性細菌性前立腺炎は、何が原因で発症しているのかが分からない非細菌性前立腺炎と違い、症状を引き起こす細菌が特定されている前立腺炎です。

 

急性細菌性前立腺炎というのは発症の仕方に特徴があります。

 

一般的な前立腺炎の場合、症状の出方は比較的緩やかで、人によってはちょっと調子が悪いかなぐらいの症状しか出ません。しかし、急性細菌性前立腺炎の場合だと症状が強く現れるので、痛みが大きいため分かりやすいです。

 

痛みが発症する部位も、慢性前立腺炎は一箇所もしくは2箇所程度ですが、急性細菌性前立腺炎の場合だと比較的広範囲に現れます。

 

また痛みと同時に高熱を発症することも多く、風邪の引き始めのように悪寒が起こったり、38度以上の熱が出ることも珍しくありません。

 

慢性前立腺炎でもこのような症状が出ることがありますが、急性細菌性前立腺炎の場合だと、突然重篤な症状が起こるのが特徴的と言えるでしょう。

 

尿にみられる異変

そしてもう一つ、尿の白濁が見られるのも特徴です。

 

前立腺に炎症が起こると、細菌と戦うために免疫細胞の一つである白血球が集結します。細菌と戦って負けてしまった白血球は、死滅して膿となり前立腺に溜まっていくのですが、これが尿と一緒に排出されることで白濁症状が起こります。

 

また、尿だけではなく精液も黄色く濁ることがあります。

 

重篤な炎症が起きてしまうと、前立腺内で出血が起こったりするので、血尿が出ることもあります。

 

慢性前立腺炎では、排尿時の痛みや残尿感、頻尿などの尿障害が起こることはありますが、白濁や血尿などの症状は出ないので、これも急性細菌性前立腺炎の特徴となります。

 

慢性前立腺炎は治りにくい病気ではあるものの、死に至る病気ではないと言われています。

 

しかし、急性細菌性前立腺炎は症状の発症が急激であり、重篤なこともあるため、悪化すると敗血症など命に危険が及ぶ可能性もあります。

 

早めに受診して慢性化を防ぐ

 

いずれにしても、前立腺に炎症が起こるというのは健康な状態ではありませんから、発熱や下腹部、性器や性器周りに強い痛みが起こった場合はすぐに医療機関を受診しなくてはいけません。

 

急性細菌性前立腺炎の場合、細菌が原因で起こっているのがはっきりしているため、適切な処置を行えば完治させることも可能です。

 

逆に、痛みや熱を我慢してしまうと、抗生物質で細菌を除菌したとしても慢性前立腺炎に移行するかもしれません。

 

発症の原因だった細菌を取り除いたのに前立腺炎の症状が出た場合、完治させるのは非常に困難になってしまうので、少しでも疑わしい症状が出たら泌尿器科で検査を受けましょう。

 

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ