慢性前立腺炎の検査方法

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

検査に抵抗ある人が多いのが慢性前立腺炎

検査の準備ができた医師

 

特に原因は思いつかないのに、排尿をすると痛みがあったり、残尿感があったりした場合は慢性前立腺炎の可能性があります。

 

前立腺の病気というのは、男性の約50%が経験すると言われていますから、下腹部や性器周りに何らかの不快な症状や違和感があれば、前立腺炎を疑う方も多いでしょう。

 

ですが、前立腺の病気は泌尿器科での受診になるので抵抗がある人も多いようです。

 

またネットで検査方法を調べてみて、その検査方法に抵抗があるせいで放置してしまう人も少なくありません。

 

泌尿器科での触診が必要

慢性前立腺炎の検査方法は、まず前立腺に腫れや痛み、硬結などの異常がないか、また前立腺の周りの外括約筋の状態も確認します。

 

その確認方法とは、肛門から指を入れて前立腺を触診するというものです。

 

大腸を調べるときには内視鏡を肛門から挿入しますが、内視鏡は医療機器ですから、そこまで抵抗はないでしょう。

 

しかし前立腺の触診は、当然ですが医師が直接指を挿入するため、どうしても抵抗を感じる人が多いのかもしれません。

 

また、前立腺を触るのは単に触診をするだけではなく、尿や前立腺液に細菌が混ざっていないかどうかを確認するためにも必須です。

 

尿検査では、排尿初期の尿と初期尿の次の中間尿、そして前立腺マッサージによって出てきた液体、さらにマッサージ後の尿の4つの検体を使います。

 

これらの検体に白血球や細菌などがあるかどうかも、慢性前立腺炎を診断する上でとても重要になります。

 

慢性前立腺炎には、細菌性のものと非細菌性のものがあり、細菌が発見された場合は抗菌薬治療を行わなくてはいけません。

 

前立腺マッサージが必要な理由

慢性前立腺炎と一口に言っても、細菌が検出される場合とかされない場合で治療法は変わります。

 

そして、細菌を前立腺から押し出すには、前立腺マッサージをする必要があるのです。

 

稀に前立腺マッサージをしないで尿を採取して検査をする医療機関がありますが、マッサージをしないで採った尿の場合、細菌の有無の確認ができません。

 

確かにマッサージをしなければ抵抗感も薄らぐかもしれませんが、正確な検査をしなければ適切な治療を行うことはできないのです。

 

ただでさえ慢性前立腺炎は治りづらい病気と言われているのですから、症状に合った治療を行わなければ、完治はさらに遠のくことになります。

 

そもそも慢性前立腺の治療には、自分もしくは医師が行う前立腺マッサージがあるのですから、検査で慣れておくと逆に治療が楽になるかもしれません。

 

たとえ前立腺自体に痛みなど異常な症状は感じられないとしても、触診や前立腺マッサージは正しい診断のために必要不可欠なので、割り切って検査を受けましょう。

 

 

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ