慢性前立腺炎に効く漢方薬は?

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

漢方薬の考え方

店頭に並ぶ漢方薬

 

西洋医学による薬の治療は、病気の原因を改善するか病気による症状を緩和することが目的です。そのため、原因が不明確だったり改善できないような原因の病気だと症状を緩和することしかできません。

 

例えば風邪はウイルスが原因で発症しますが、ウイルスを死滅させることができないので、風邪薬と言っても風邪を治すのではなく鼻水や咳、高熱などの症状を緩和する効果しかないのです。

 

慢性前立腺炎の薬も同じで、この病気の場合は原因が不明確なため薬が処方されたとしても対処療法になります。

 

漢方薬は、西洋医学の考え方とは異なり、病気の原因は体内のめぐりという視点から治療を行う東洋医学の薬です。

 

天然由来の薬草から処方される漢方薬は、体内のめぐりを改善して自然治癒力を高めることで病気を治していく薬なので、西洋医学の薬では解決できない慢性前立腺炎を治せる可能性があります。

 

即効性はないものの、治癒力を高めていくということは慢性前立腺炎で起こるさまざまな不調の改善にも役立ちますから、諸症状に悩んでいる方にも効果的です。

 

慢性前立腺炎と悪血・温熱

東洋医学の視点では、慢性前立腺炎の症状はか湿熱が関係していると考えられます。

 

悪血というのは、痛みがある部分に悪い血が溜まるという意味で、慢性前立腺炎で痛みが慢性的に起こっている場合は、その部分に悪血が溜まっている疑いがあります。

 

慢性前立腺炎は下半身に起こる病気なので、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)や冠元顆粒(かんげんかりゅう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が有効かもしれません。

 

炎症がひどい、尿漏れや頻尿、排尿障害がある場合は、体に余分な熱が溜まっていたり、過剰な水分が溜まっている湿が考えられます。

 

慢性前立腺炎に限らず、炎症や尿関係に異常があるのは湿熱の影響があると言われています。

 

この状態に対しては、猪苓湯(ちょれいとう)や瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)が効果的です。

 

漢方薬を入手するには?

漢方薬はドラッグストアでも手軽に購入できるようになりましたし、慢性前立腺炎に効果があるとされているパッケージもあります。

 

ですので、西洋医学の薬を服用しても症状が良くならないという方は、こういった漢方を試してみるのも良いでしょう。

 

ただし日本では、漢方はサプリ的なイメージが強いですがあくまでも薬ですし、いろいろな生薬を混ぜて作るので安易に服用するのは危険です。

 

症状に合っていないものだと悪化したり、効果がなかったりしますから、漢方薬を服用する場合は医師に相談するか、漢方薬局で自分の症状に合ったものを処方してもらいましょう。

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ