慢性前立腺炎の痛みの場所はどこ?

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

下半身の様々な場所に現れる症状

慢性前立腺炎は、その病名から分かるように前立腺に炎症が起こる病気です。

 

しかし、痛みの場所は前立腺がある男性性器ではなく下半身のあらゆる部分に発症します。

 

排尿と腹部の症状

主な自覚症状は、排尿症状と腹部症状です。

 

排尿症状というのは、頻尿や残尿感、尿漏れなどがありますが、痛みを伴うもので言うと排尿をする時に尿道に痛みが起こります。

 

排尿痛の場合は、排尿している時だけに起こるので日常生活に支障が出ることは少ないです。ですが痛みの度合いは人によって異なり、炎症が悪化していると激痛が起こったりします。

 

また、痛みというほどではなくても、尿道に違和感を覚える方もいます。違和感も人によって感じ方が違うのですが、軽度であればはっきり自覚できないため、慢性前立腺炎に気がつかないこともあるようです。

 

腹部症状は、主に下腹部や脚の付け根(そけい部)、会陰部(肛門より前の方)に痛みが発症します。

 

この症状も排尿症状と同じで、痛みは感じないとしても違和感や不快感を覚えることがあります。他に痛みが起こる部分として考えられるのは、睾丸や陰嚢です。

 

これは基本的に前立腺の炎症が広がっている可能性がある痛みですが、炎症の場所が睾丸に近い部分だと、初期段階でもこれらの部位に痛みが発症することがあります。

 

いずれにしても、排尿時や腹部、性器周りの痛みというのは比較的多くの方に見られる症状ですし、慢性前立腺炎の代表的な痛みの部位でもあるので分かりやすいでしょう。

 

下肢の痛みがが起きることも

一番分かりづらいのは、下肢の痛みです。

 

慢性前立腺炎は男性性器に発症するのはよく知られていることですが、その症状が下肢にまで及ぶというのはあまり知られていません。ですが、慢性前立腺炎の痛みは太ももに痛みが発症することもあります。

 

普通なら、下肢に痛みが発症する場合は排尿障害や腹部の痛みなどが併発しているので、慢性前立腺炎に気がつくことができます。

 

ただ、稀に他の部位には何の症状もないのに、下肢にだけ痛みが起こる人もいます。

 

慢性前立腺炎は早く治療を始めたからといって治るものではないものの、この病気が原因で下肢の痛みが起こっている場合、発見が遅れると炎症が広がってしまいます。

 

下肢だけが痛む場合は、整形外科など外科を受診する方も多いでしょう。

 

しかし慢性前立腺炎によって下肢に痛みがあるなら、泌尿器科や肛門科、前立腺専門外来などを受診しないと、間違った治療が行われることがあります。

 

ですので、外科の治療法で痛みが改善されない場合は、泌尿器科などで慢性前立腺炎の検査をしてもらいましょう。

 

 

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ