慢性非細菌性前立腺炎とは?

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

前立腺炎の中で最も多いタイプ

慢性非細菌性前立腺炎は、前立腺炎の種類の中でももっとも発生率が高い病気です。

 

炎症が起きて前立腺が腫れることで発症する慢性非細菌性前立腺炎は、細菌性前立腺炎のように細菌や白血球などは原因ではありません。

 

シンプルに言えば、原因が不明瞭で細菌が見つからない、また症状が慢性化している前立腺炎は慢性非細菌性前立腺炎となります。

 

炎症型と非炎症型

慢性非細菌性前立腺炎の特徴は、炎症性と非炎症性に分かれることです。

 

炎症性というのは、マイコプラズマやクラミジアなど通常の前立腺炎の原因となる細菌以外が病原体となっていることがあります。

 

それなのに非細菌性と診断されるのは、医療機関によって検査対象の病原体が異なるからです。ややこしいのですが、例えばA病院ではマイコプラズマは検査対象であっても、クラミジアは対象外となっています。

 

対象外の細菌は当然ですが菌が検出できないため、マイコプラズマが検出されなければ普通の慢性前立腺炎となることがあるのです。また、あらゆる細菌が検査対象であったとしても、検査時に検出できない場合もあります。

 

非炎症性は、細菌はもちろん白血球もいっさい検出できない慢性非細菌性前立腺炎です。

 

この場合、炎症が起こっていないため前立腺にも特異な症状は現れません。そのため診断をするには、どのような症状が起こっているのか、発症頻度はどのくらいかなど問診が中心になります。

 

炎症が起きていないのに前立腺炎だというのはおかしいと思うかもしれませんが、前立腺炎にはストレスや骨盤内のうっ血、緊張なども関わっています。

 

つまり単に炎症だけで症状が現れるわけではなく、他の要因が重なり合って発症することがあり、それも慢性非細菌性前立腺炎の一種になるのです。

 

長く付き合っていく覚悟で

 

慢性非細菌性前立腺炎は必ず治る薬というのが存在していないため、一度発症すると長い付き合いになってしまうことも多いです。

 

医療機関を受診すれば、痛みや不快感を緩和する薬が処方されますが、薬で痛みが治まっても完治したわけではありません。

 

病院で行うのは対処療法でしかありませんから、完治させるためには原因を自分で把握する必要があります。

 

慢性非細菌性前立腺炎の原因は特定されていませんが、現時点では食事や運動など生活習慣が大きく関わっていると言われています。

 

すぐに生活習慣を変えるのは難しいものですが、変えない限り完治はしませんし、症状が治まっても再発のリスクも高まります。

 

原因も治療法もすべて曖昧なので、対処が難しい慢性非細菌性前立腺炎ですが、まずは生活の中から改善できる対策法を実践して進行もしくは再発しないようにしましょう。

 

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ