今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

慢性前立腺炎は治療薬で治る?

手に持った薬

 

前立腺炎の治療薬は、前立腺炎のタイプに応じて、排尿促進剤・抗生物質・抗不安薬や精神安定剤・抗うつ剤などが用いられます。

 

その前立腺のタイプですが、急性なのか慢性なのか、細菌が関係しているかいないかにより、以下のような4つのタイプに分けられます。

 

  1. 急性細菌性前立腺炎
  2. 慢性細菌性前立腺炎
  3. 慢性非細菌性前立腺炎(炎症性と非炎症性)
  4. 無症候性炎症性前立腺炎

 

これら4タイプの前立腺炎の症状は、基本的には似通っています。頻尿や残尿感・疼痛・排尿困難・陰茎の痛みなどが主な症状になります。

 

しかし、急性細菌性前立腺炎では細菌の急激な増殖が関係しているため、体内で免疫細胞が細菌と戦うことで高熱が出ることもありますし、体内機能に支障が起こって血尿が出ることがあります。

 

対症療法としての治療薬の投与

 

慢性前立腺炎の治療というのは、症状を緩和させる対処療法になります。

 

根本の原因の特定が難しいので、とりあえず症状を鎮めるしかなく、完治がなかなか難しいようです。

 

排尿障害がある場合は利尿剤や排尿促進剤を処方されますし、細菌が繁殖しているなら抗生物質、精神面に負担がある場合は抗不安剤や精神安定剤、抗うつ剤などが処方されます。

 

治療薬の種類は、排尿促進ならαブロッカー剤、抗生物質はニューキノロン剤を処方するのが一般的です。

 

抗不安剤はジアゼパムや酒石酸ゾルピデムフルニトラゼパム、精神安定剤はデパス、抗うつ剤はマレイン酸フルボキサミンなどがあります。

 

また、痛みを伴う症状がある場合はリリカが処方されることが多いようです。

 

完治させる治療薬はない

このように薬の種類はいろいろありますし、あらゆる症状に対して効果の高い治療を行えるのですが、残念ながら慢性前立腺炎を完治させる治療薬というのはありません。

 

そのため、例えば急性細菌性前立腺炎で抗生物質を飲み続けた場合、細菌は除菌されるので急性細菌性前立腺炎は治ります。

 

しかし、あくまでも細菌がなくなっただけなので、根本的な原因が解消されていないのであれば症状が続くことがあります。この場合は、慢性非細菌性前立腺炎となってしまうのです。

 

免疫力の低下と関係している

 

医学が発達したこの時代に治療方法が確立されていないというのは不思議かもしれませんが、慢性前立腺炎は免疫の低下など免疫系等の異常が原因という説があります。

 

免疫に関しては、さまざまな研究が進んでいるものの、免疫力が低下することで起こる病気に関しては未だに解明されていないことが多いのです。

 

そのため、現時点では病院で慢性前立腺炎の治療を行って薬を処方されたとしても、症状を緩和することしかできません。

 

だからこそ慢性前立腺炎にならないように気をつけなくてはいけないのです。

 

免疫力の低下は生活習慣の中に原因があること多いので、風邪を引きやすい、疲れやすいなど免疫力が低下している症状が出たら、生活を見直して早急に改善していきましょう。

 

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ