慢性前立腺炎の治療方法と治療期間

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

タイプによって治療方法も治療期間も異なる

ハートを持った医師

 

前立腺炎では、診断が細菌性か非細菌性かによって治療方法が異なります。

 

実際のところ、急性も含めると前立腺炎は以下のような4つのタイプに分かれます。

  1. 急性細菌性前立腺炎
  2. 慢性細菌性前立腺炎
  3. 慢性非細菌性前立腺炎(炎症性と非炎症性)
  4. 無症候性炎症性前立腺炎

 

症状は似ているところもありますが、治療内容は大きく変わってきますから、まずは信頼できる医療機関で正しい診断を受けることが大切です。

 

ちなみに、慢性前立腺炎の9割以上は慢性非細菌性前立腺炎が占めると言われています。

 

細菌性の治療方法と治療期間

慢性細菌性前立腺炎の場合、まずは細菌を取り除くことから治療が始まります。

 

フルオロキノンなど抗生物質を経口投与して行うのが一般的な治療ですが、筋肉の硬直が見られる場合は筋弛緩剤、炎症による痛みが強い場合は抗炎症薬など症状に合わせた薬が処方されます。

 

抗生物質は、最低でも6週間投与し続ける必要があります。

 

勝手に中断したりすると、細菌の有無に関わらず慢性化して非細菌性慢性前立腺炎に移行しまう可能性があるので注意してください。

 

もし治療期間中に症状の悪化など異変が見られた場合は、点滴などで治療を行うこともあります。

 

非細菌性の治療方法と治療期間

慢性非細菌性前立腺炎は、基本的に約2週間から1ヶ月程度で症状を軽減させることができると言われています。

 

ただし、あくまでも症状に対する対症療法です。

 

例えば痛みがある場合は鎮痛薬、腫れがある場合は抗炎症薬、筋肉の緊張を和らげるタムスロシンやドキサゾシンなどのα遮断薬、排尿困難な場合は排尿促進剤などで治療を行います。

 

また、慢性前立腺炎によって精神的な負荷が大きくかかっている場合は、精神安定剤が用いられることがあります。

 

西洋医学的にはこのように治療方法が病気の原因によって分けられていますが、これでも効果がなかった場合は漢方を使った治療方法もあります。

 

漢方の場合は、体が持っている治癒力を高め、廻りを改善して不調を取り除くというアプローチ方法なので、どんなタイプの慢性前立腺炎にも効果が期待できると言われています。関連記事:慢性前立腺炎に効く漢方薬は?

 

また、漢方は前立腺炎だけではなく他の部位の不調の改善にも効果を発揮してくれるので、体の機能自体がアップすることで完治しやすい体作りも期待できます。

 

治療を続けることが大事

現時点では、明確な治療方法が確立されていないと言われる慢性前立腺炎ですが、全くないわけではありません。

 

あくまでも完治するとは言い切れないというだけで、治療を行うことで症状を緩和したり改善したり、患者さんの体質などによっては治すことも不可能ではないのです。

 

一番良くないのは、治療を自己判断で打ち切ってしまうことです。

 

慢性前立腺炎は症状の出方がランダムなので、治っているわけでもないのに症状が軽くなったりすることがあります。そこで止めてしまうと、次に症状が出たときに炎症が広がってしまうこともあるので、必ず医師の指示に従いましょう。

 

完治しづらい慢性前立腺炎ですが、治療法はいろいろありますから、諦めずにいろいろな対策を実践してみましょう。

 

また病院の治療だけに頼らずに、毎日の生活の中で行えることをいろいろと試してみましょう。

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ