急性前立腺炎と慢性前立腺炎の違い

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

症状の出方の違い

急性前立腺炎と慢性前立腺炎は、前立腺に炎症が起こるという点では同じです。

 

しかし、急性と慢性という名前の違いから分かるように、症状の出方など細かい点に違いがあります。

 

最も分かりやすい違いは、急性前立腺炎は細菌に感染するとすぐに高熱などの症状が発生しますが、慢性前立腺炎は症状が出たり出なかったりと慢性的に続くということです。

 

ただ、これだけではどちらの前立腺炎が起こっているのか把握しづらいかもしれませんから、個々の症状の特徴もチェックしてみましょう。

 

排尿時の症状の違い

 

急性前立腺炎の症状が出やすいのは尿道や会陰部です。そのため排尿をすると発熱を感じたり、排尿しているときに痛みを感じたり、頻尿になったりします。

 

慢性前立腺炎でも出る症状ではありますが、急性の場合は症状の度合いが強く、また症状が持続するのが特徴です。

 

また、症状が重篤だった場合は、尿が濁ったり、血尿や膿が出てくることもあります。

 

急性前立腺炎は発熱が特徴的

急性前立腺炎の症状でもっとも分かりやすいのは高熱の発症です。

 

急性前立腺炎は細菌の感染症状がすぐに出てくるので、体が反応して高熱が出るのが一番の特徴と言えるでしょう。

 

慢性前立腺炎の症状も、尿道や会陰部などに起こりますが、他に太ももやそけい部などの下半身、下腹部、腰などにも痛みやしびれ、不快感などが発症するのが特徴です。

 

尿道に現れるのは、排尿時の痛みや残尿感、頻尿が挙げられますし、会陰部や陰嚢などには鈍痛や不快感などが起こります。

 

また前立腺に膿が溜まっていたり、炎症がひどかったりすると射精のときにも痛みが起こることがあります。

 

原因が心因性の場合は、射精時の痛みに伴いED(勃起不全)になることも少なくありません。

 

慢性前立腺炎の場合、痛みが起こってもしばらくすると治まって、次の痛みの発症までにタイムラグがあるのも特徴です。

 

名前の通り、慢性的に症状は続くのですが、常に痛いわけではないため病気を見逃したり、対策を怠ってしまい悪化することが多いのも特徴かもしれません。

 

急性から慢性に移行する場合がある

このような違いはあるものの、急性前立腺炎を放っておくと慢性前立腺炎になってしまうことがあります。

 

急性前立腺炎は基本的に抗菌薬によって治すことができますが、慢性前立腺炎は完治させる方法が確立できていないのでやっかいです。

 

どちらの前立腺炎にも言えることですが、自己判断で治療をやめたりすると進行してしまう恐れがあります。

 

軽度の場合は医療機関での治療をしないかもしれませんが、自然治癒はしませんから、自分できちんと対策を行っていきましょう。

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ