慢性前立腺炎とアルコール

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

アルコールは前立腺炎には悪影響

飲み会でビールを注ぐ

 

慢性前立腺炎ではアルコールの摂取が症状を悪化させることが多いようです。

 

一般的には「お酒は百薬の長」と言われるように、適度な飲酒が健康にも良いとされています。これはアルコールを摂取することでリラックス効果が得られて、血行を促進できるからです。

 

リラックスをすると副交感神経が優位になって血管が拡張されるので、血液も流れやすくなるのです。

 

特に日ごろストレスが多くて緊張状態にあり、交感神経優位の時が多い人にとっては、適度な飲酒が健康にもプラスになるようです。

 

しかし、慢性前立腺炎となると話は別です。アルコールの血管の拡張作用が逆効果になるのです。

 

アルコールによって血管が拡張すると、骨盤内の充血やうっ血を引き起こすことがあり、これが原因で前立腺の炎症が悪化する方がいます。

 

炎症が悪化すれば、頻尿や排尿痛、残尿感などの症状が強くなることがあります。

 

実際にネットで体験談を探してみると、飲酒するとてきめんに症状が悪化するという声が多くみられます。

 

また前立腺肥大の患者さんの場合は、アルコールによって前立腺がむくんで、尿意があるのに出なくなる「尿閉」という症状にらつながるようです。

 

このように飲酒は前立腺にとってはあまり良いことがないのです。

 

前立腺炎でもアルコールと上手に付き合う

医師からの禁止指示

 

医学的に言えば、慢性前立腺炎の症状を悪化させる可能性のあるアルコールは飲まないのが理想です。

 

しかし、アルコールの好きな人や付き合いで飲み会を断れない人にとって、完全にお酒を断つことはなかなか難しいことかもしれません。

 

お酒を飲めないとストレスになるという人の場合は、ストレス自体も慢性前立腺炎を悪化させると言われますから、ほどほどに飲むほうが良いのかもしれません。

 

そのような場合は、症状が悪化しない程度に上手に付き合う術を身につけるしかありません。

 

といっても、人によってアルコールに対する強さは違いますし、体に与える影響も異なるため、医師であっても「これぐらいなら大丈夫」という目安は提示できません。

 

飲む量や頻度については、その都度、体と相談しながら判断していくしかありません。

 

やはり下腹部の痛みや違和感などの症状がひどく出ているときには、完全に禁酒するほうが無難でしょう。

 

一方、わりと体調の良い時には、アルコール度数の低いお酒を飲むようにしてダメージを軽減するという方法が有効かもしれません。

 

また普段からサプリメントを飲むなど慢性前立腺炎の改善に役立つ習慣を続けているなら、アルコールの許容度もいくらか増えるかもしれません。

 

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ