慢性前立腺炎の完治のために必要なこと

今すぐ試してみてください。
これがインディアンも泣いて喜んだスッキリの魔法です!

前立腺炎でお悩みの方のための伝統療法こちら

慢性前立腺炎の完治が難しい理由

深刻な悩みを抱えた男性

 

慢性前立腺炎は完治させるのが難しい病気と言われています。

 

完治が難しい一番の理由は、原因を特定しにくいという点にあります。

 

細菌性や免疫力の低下など、原因として考えられることは幾つかありますが、これだけではなく他の要因も絡んでいることがあります。病気を完治させるには原因を取り除く必要がありますから、そのような面では慢性前立腺炎は治りにくい病気なのです。

 

また治療をしないと死に至る病気であればもっと研究も進められるものですが、命に別状はない病気だけに治療にあまり力が入れられていません。これは毎年行われる前立腺炎の研究発表会の参加者が数人程度しかいないという事実からも、この病気がいかに重要視されていないかが分かります。

 

しかし、医療関係者の扱いがどうであれ、患者の悩みが切実なのは間違いありません。

 

悪化するとED(勃起不全)になることもありますし、下腹部の不快な痛みや排尿痛・頻尿・残尿感などが常に気になるストレスは経験者でなければ分からないつらさです。尿の切れが悪いと、尿がズボンに付着して恥ずかしい思いをしたり、臭いが気になるというのも悩みの原因になります。

 

完治のカギは生活習慣にある

ナースからのOKサイン

 

確かに慢性前立腺炎は治すのが難しい病気ですが、完治と言えるほどに症状の喪失した人もたくさんおられます。原因の特定が難しい慢性前立腺炎ですが、こういった病気の多くは生活習慣の中に原因が隠れていることが多いのです。

 

例えば栄養が偏っていたり、喫煙やアルコールの過剰摂取だったり、運動不足や体の冷えなどが関係していることも少なくありません。それで、慢性前立腺炎が治ったという人は、薬だけに頼るのではなく生活習慣の改善に取り組んだことで、いつのまにか病気の原因が取り除かれていたというケースが多いようです。

 

では、具体的にどのような生活習慣が慢性前立腺炎の完治に役立つのでしょうか?

 

大きく分けると、(1)血流を良くする (2) 炎症を抑える という2つの目的に沿った取り組みが必要です。それぞれ詳しく考えてみましょう。

 

★血流を良くする

残業でデスクワーク

 

慢性前立腺炎と大きく関係すると考えられるのが、骨盤周囲の血行不良です。

 

細菌性であれ、非細菌性であれ、前立腺に炎症が持続的に起きているということは、炎症を引き起こす物質がその周囲に滞りやすいということを示しています。それで血流を良くすることで、なるべく炎症物質が特定の部位に蓄積しないようにするなら、症状の改善につながります。

 

(1)座りっぱなしを避ける

デスクワークや長距離ドライバーの人には前立腺炎が多いと言われます。座りっぱなしは骨盤底筋を硬くし、前立腺周囲の血行も悪くします。そのように前立腺周囲をうっ血させることが、症状の悪化へとつながります。それで、意識して座りっぱなしを避け、1〜2時間ごとに席を立って歩いたり、屈伸運動をするようにして血行不良を防ぎましょう。

 

(2)ウォーキング

慢性前立腺炎の方のおすすめの運動は、ウォーキングです。リズミカルに歩くことで、骨盤周囲の血行も良くなりますし、下半身の筋肉も鍛えられ温まりやすくなります。関連記事:効果的なウォーキングの方法

 

(3)体を温める

体を温めると巡りが良くなり、症状(炎症)の緩和に役立ちます。お風呂にゆっくりとつかったり、半身浴することがお勧めです。ただし、熱いお湯に長時間つかると逆に交感神経を刺激して症状が悪化することがあるので注意しましょう。その他、お尻の割れ目の上にある出っ張った骨(仙骨)をカイロなどで温めるのも良い方法です。

 

(4)ストレスをためない

過度のストレスも血行不良を引き起こします。趣味やリラックスする時間を意識してつくるなど、上手にストレスを解消する習慣を作るようにしましょう。関連記事:慢性前立腺炎とストレスの関係

 

 

★炎症を抑える

炎症をストップさせる

 

前立腺炎は、細菌やその他の炎症物質が前立腺に炎症を引き起こすことで生じています。血流を良くすることは炎症の緩和には役立ちますが、完治させるためには炎症そのものが起きにくい状況を作らなくてはなりません。

 

そのためには、抗炎症作用のあるサプリメント炎症物質の増加を防ぐ食品を定期的に摂取し、血液中の炎症物質を減らしていくことが必要です。

 

(1)ノコギリヤシのサプリメント

ヤシの葉

 

ノコギリヤシという植物から抽出された成分は、古くから前立腺炎に良いことが知られており、欧米では医療用として用いられています。日本でも慢性前立腺炎の患者さんの多くが飲んでおり、特に頻尿や残尿感などの症状のある方に利用されているようです。

 

ノコギリヤシには炎症物質であるプロスタグランジンやロイコトリエンを合成する酵素の作用を阻害する効果があると言われています。そのため結果として前立腺炎を引き起こす炎症物質を減らすことができるわけです。

 

また前立腺に影響を与える男性ホルモンの働きを制御する作用があり、これも症状の改善に役立つようです。関連記事:前立腺炎にノコギリヤシのサプリメントは効果あるのか?

 

(2)食事の改善

いろいろな発酵食品

 

食事で特に気をつけるべきなのは、腸内環境を整える食べ物を意識して食べることです。

 

腸内環境が悪いと、腸壁が荒れてリーキーガット症候群と呼ばれる状態になります。リーキーガット症候群になると、細菌をはじめ炎症の原因となる物質が腸壁を通過して血中へ取り込まれ、全身を巡ることになります。そして、前立腺炎の患者さんの場合は、特に血行の悪い骨盤周囲に炎症物質が蓄積して、慢性的に炎症が起きるわけです。

 

また免疫力低下は細菌の繁殖を招きますが、腸内環境は免疫力を大きく左右する。ですから、炎症物質を血液中から減らし、また免疫力を高めて細菌を減らすためにも、腸内環境を整えることが大切です。関連記事:慢性前立腺炎の改善は腸内環境も大事

 

腸内環境を整えるのに役立つ食品としては、乳酸菌を多く含んでいるヨーグルトや漬物など発酵食品、そして乳酸菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を多く含む根菜類や豆類などがあります。

 

さらに、炎症物質の含まれる食べ物や飲み物として、カフェインやアルコール、香辛料などが挙げられます。これらは控えめにしたほうが良いでしょう。もっと頑張れるなら、小麦のグルテンや牛乳のカゼインといったタンパク質も体内に炎症を起こすと言われますから、一定期間パンや麺類など小麦製品と乳製品を断ってみてください。

 

それだけでかなり調子が良くなったという人も少なくありません。

慢性前立腺炎でお悩みの方のサプリメント

昔から尿や下半身に関するトラブルには、ノコギリヤシという植物の成分が良いと言われてきました。最近もイタリアで行われた臨床試験で「ノコギリヤシの有効成分の服用により頻尿や残尿感などの症状の改善がみられた」という研究報告がなされています。

高品質のノコギリヤシサプリメント人気ランキングはこちらへ